2020年からは電子申告で10万円おトクに

2020年からは電子申告で10万円おトクに

平成32年分(2020年)所得税確定申告から青色申告特別控除額と基礎控除額が変わるって?

 

いやいや、その前に

 

平成32年来ないし。新元号はどうなってんのさ?

 

 

というツッコミはさておき

 

税制改革の要点を見ていきますか

 

青色申告している人(個人のひと)は、電子申告・電子帳簿で10万円おトクになるそうだから、今からチェックしておいてね

 

 

平成30年度税制改正での主な変更点

 

基礎控除額が10万円アップするってさ

青色申告をしているひと、青色申告の特別控除額が10万円ダウンだって

 

(青色申告のひと)結果、全体的な控除額は変わらないんだけど、電子申告(電子帳簿)で10万円おトクなるそうだよ

画像引用:国税庁

 

改正1

 

個人の人の所得税について

青色申告特別控除額が10万円ダウン

 

現行65万円 ⇒ 改正後55万円

 

基礎控除額が10万円アップ

 

現行38万円 ⇒ 改正後48万円

 

 

結局、控除の総額は一緒だね(笑

 

改正前:65万円+38万円=103万円

改正後:55万円+48万円=103万円

 

改正2

 

「(改正後)55万円の青色申告特別控除」の適用要件に加えて

 

e-Taxによる申告(電子申告)又は電子帳簿保存を行うと、引き続き65万円の青色申告特別控除が受けられる!

 

おさらい

 

では、おさらいしてみよう

 

 

いままでは?

 

青色申告65万円特別控除の要件

 

2019年(平成31年度)の確定申告まで

 

⑴正規の簿記の原則で記帳(複式簿記)

⑵申告書に貸借対照表と損益計算書などを添付

(3)期限内申告

 

これからは?

 

2020年(平成32年度)の確定申告からは

 

⑴正規の簿記の原則で記帳(複式簿記)

⑵申告書に貸借対照表と損益計算書などを添付

(3)期限内申告

(4)e-Tax(電子申告)による申告 または 電子帳簿保存(どちらか一方でOK。両方でも) 

 

平成32年分(2020年分) 所得税確定申告から青色申告特別控除額/基礎控除額が変わります!

出典:国税庁

 

電子申告(e-Tax)ってどうやって利用するの?

 

僕もマイナンバーカード持ってないのさ(要らないしねー)

電子帳簿で済むならそれで済ましたいけど、帳簿保存していろいろツッコミこないのかな?

 

それだったら電子申告したほうが良いのかなーとか…(笑

 

じゃ、ちょっとマイナンバーカードの作りかた見てみますか

 

まずは、マイナンバーカードが必要

 

マイナンバーカードを持ってないひとは、つくっておこう

 

いまはスマホがあれば申請出来るぞ!

スマートフォンによる申請方法

マイナンバーカード総合サイト

 

スマホじゃない申請方法はこちらへ!

マイナンバーカード交付申請

マイナンバーカード総合サイト

 

マイナンバーカードに対応したICカードリーダーかスマートフォンを用意

 

現状iPhoneのNFCでは出来るかどうか不明だけど、iPhoneでも平成31年度には実用化する方針らしいので(SIMに書き込むのではなくKeyChainに書き込むのだそう)何とかなるかもね。

 

なので、iPhoneユーザはICカードリーダー購入はちょっと待ってみて。

もしかしたら来年(平成31年=新元号)に、専用アプリが出るかもしれないよ。

 

サービスの利用に必要となるマイナンバーカードに対応したICカードリーダライタについて

出典:地方公共団体情報システム機構 公的個人認証サービス ポータルサイト

 

マイナンバーカードに対応したNFCスマートフォン一覧

出典:地方公共団体情報システム機構 公的個人認証サービス ポータルサイト

 

2018.12.29追記 朗報?

平成31年度からマイナンバーカードとカードライターを持ってなくても、税務署で事前に手続きすることでe-TAXの利用が出来るようになるってさ(※ただし、暫定処置の模様)

【平成31年1月開始】e-Tax利用の簡便化に向けて準備を進めています

マイナンバーカード及びICカードリーダライタが未取得の方については、厳格な本人確認に基づき税務署長が通知したe-Tax用のID・パスワードによる電子申告を可能とします(注1)。  

○ 厳格な本人確認は、税務署における職員との対面などにより行います(注2)。

○ メッセージボックスの閲覧には、原則として電子証明書が必要となります(注2)

(注1) マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応(導入後、概ね3年を目途に見直し)として行います。
(注2) なりすまし対策やセキュリティ対策の一環として行います。

出典:国税庁

 

早速行ってきました!(2019.1)

税務署でe-Tax(簡便化)のIDとパスワードを発行してもらった

 

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」へ

 

「確定申告書・青色申告決算書等」のデータを作成して、送信するのじゃ

 

確定申告書等作成コーナー

出典:国税庁

 

電子帳簿保存とは?対応ソフトは?

 

ざっくり言うと「弥生会計」やら「freee」やらの会計ソフトが「電子帳簿保存法」に対応していたはずなので、それを使えば良いと思われ

 

※すみません。インストール型の「弥生会計」は電子帳簿保存法に対応していますが、クラウド型の「freee」「弥生の青色申告オンライン」「MFクラウド青色申告」などは、電子帳簿保存法に対応していませんでした。

電子帳簿保存するなら、現時点では「クラウド型」ではなく「インストール型」の会計ソフトをご使用下さいませ。

 

一定の要件の下で帳簿を電子データのままで保存できる制度です。この制度の適用を受けるには、帳簿の備付けを開始する日の3か月前の日までに申請書を税務署に提出する必要があります※ 原則として課税期間の途中から適用することはできません。 

改正後の65万円の青色申告特別控除を受けるためには、その年中の事業に係る仕訳帳及び総勘定元帳について、税務署長の承認を受けて電磁的記録による備付け及び保存を行う必要があります

 

※平成32年(2020年)に限っては、同年中に承認を受けて、仕訳帳及び総勘定元帳の電磁的記録による備付けを開始する日から同年12月31日までの間、これらの帳簿の電磁的記録による備付け及び保存を行うことで、65万円の青色申告特別控除を受けることができます。

 

出典:国税庁

 

新制度まであと1年ちょっと、10万円のメリットを受けるかどうかはアナタ次第!

Happyになれると良いよねっ♪

 

Advertisement
今なら30日間無料体験&無料アドバイス!No.1会計ソフト「弥生会計」

フリーランス便利帳カテゴリの最新記事