ドラえもんに学ぶカードローンの恐ろしさ

ドラえもんに学ぶカードローンの恐ろしさ

借金苦に喘(あえ)いでいる人が1枚は持っているであろう「ローンカード」

 

借金中の人、このカードの「利用可能枠」がキャッシュカードの「残高」みたいな感覚になっちゃってません?

クレジットカードにも、キャッシング枠として幾らかついてたりしますよねー

 

ATMから簡単に引き出せちゃうから、借金って感覚がないのかもしれない

 

まあ、これが借金増えちゃう原因の一端でもあるのだけれども…

 

 

合わせて読みたい

借金ブログは架空のものが多いらしいので、架空ではなく実体験を書いてみよう

借金返済のために腎臓を売ろうとした過去を語ろうか

 

ドラえもんのひみつ道具にもローンカードが?

 

正確には、ドラえもんが持っていた「悪魔を呼び出す道具(後に「悪魔ット」と命名されたっぽい)」から召喚された悪魔から、のび太がもらった「デビルカード」

 

このカード、1回振ると、なんと300円出てくるデリシャスなカード!

だがしかし、その対価として使った日の夜12時に身長が1ミリ縮んでしまう恐ろしいカードだ

 

悪魔は最近あまり呼び出してもらえなかった寂しさからか、デビルカードを受け取ってもらうために、石鹸、タオル、ティッシュなど、新聞の新規勧誘のようなサービスをしていた(笑

ドラえもんも、いつも道具の管理がなってないのではないかと思うぞ 

のび太くんを怒る前に、自身の道具をちゃんと管理(危機管理)しろ

 

 

のび太はデビルカードを1回振って、欲しかったマンガを手に入れるのだが、調子に乗って更に3,000円入手

そのお金で沢山のマンガ本を購入し、しずかちゃんの前でもえーカッコしてカードを振ってお金を出し、

それを見ていたジャイアン、スネ夫にもたかられ、パパやママにもカードを使われてしまうのです

(しょうもない両親だな、しかし…)

 

パパ「小遣いが足りなくなってたんだ、少し借りとこう」
ママ「きょう、月賦(げっぷ)屋さん(借金取り?)がくるの」

揚げ句の果て、のび太がデビルカードを勝手に使ったことを咎(とが)めると、

ママ「いいじゃない、お給料日にちゃんと返すから」(そうゆう問題か?)

救いようのない一家である

 

総額40万円ほど使ってしまったデビルカード、のび太の身長を食い潰すまでになってしまいました(破産ですな)

のび太はこの夜消滅する運命なのですが、そこはドラえもん、あの道具で事無きを得るのですが…

 

多重債務者の心理をうまーく表している作品だなーと思いましたわ(笑

悪魔(怪物くんのドラキュラみたいな顔してるけど)も出てくるしねー

 

借金を借金で返してはいけない

 

ママが「今日、月賦屋(げっぷや=ローンの支払と思われる)さんがくるの」と、ニコニコしながらデビルカードを振っていた行為

 

これって「借金返済のために借金をする自転車操業に他ならない」

 

借金中に最も行なってはイケない行為である(借金が雪だるま式に増えて行く)

 

パパが「小遣いが足りなくなってたんだ」と、勝手にデビルカードを振って小遣いをゲットしていた行為

 

これも「借金で月々の小遣いを賄って(まかなって)いるに等しい」

 

借金中は、小遣いくらいガマンしなさい

 

こうなると、もう自力での再起は難しいと言わざるを得ない

 

ローンカードはキャッシュカードじゃないよ

 

のび太くんも、多重債務者も、そのカードは「キャッシュカード」じゃないからね?

やむにやまれぬ理由があってカードローンを利用した場合でも、返済していけば必ず必ず完済は可能

 

返済出来ないのは、また借りちゃうからだよ(のび太も調子に乗って、やっちまった)

 

「利用可能枠」≒「残高」じゃないから!

(のび太の場合「身長」=「利用可能枠」だった めっちゃ怖い(((( ;゚Д゚)))

 

 

最後に

 

ドラえもん、意外にこういったブラックな作品が多かったりしますのでオススメ

 

・ローンカードは「借金」であって、「キャッシュカード」ではないと心得るべし

・借金中の借金(自転車操業)は、もってのほか

・返済できるお金があったら、どしどし返済にまわすべし

 

多重債務者の方、カードローンって怖いですよ

金利めっちゃ高いですからねー

 

ご利用は計画的に

 

雑感カテゴリの最新記事