【脳梗塞】一人暮らしの高齢者は、何かあったときのことをどう考えているのか

【脳梗塞】一人暮らしの高齢者は、何かあったときのことをどう考えているのか

独居老人、なにかあると家族・親族を巻き込み大騒ぎになる

 

robusta(@robustablack)です。

 

突然ですが、皆さまの身内で、以下に該当する方はいたりします?

 

・高齢である
・一人暮らしである(いわゆる「独居老人」)
・頑なである

僕の身内には、いた。
「いた」と、過去形になっているが、亡くなった訳ではないです。

 

現在、長期療養型医療施設に入院してる。
おそらくここが終の住処となるんだろうと思う。

 

脳梗塞で何度も入退院し、その都度

 

一人暮らしは危ないですよー。24時間介護者のいる施設に移った方がいいですよー

 

と(病院から)忠告されていたにもかかわらず、頑なに市営住宅で一人暮らしを続け、何度も脳梗塞・肺炎などを発症。

 

最後には身体を動かすことも、ままならくなってしまったのだ。

 

 

詳しい話は別の機会に書きたいと思うが、ダイジェストで書くと、以下のように。

・脳梗塞発症、脳神経外科へ初入院

・脳梗塞再発、その後も脳神経外科への入退院を繰り返す

・小規模多機能型居宅介護への入所(一人暮らしは無理との判断から、病院のケースワーカーから紹介される)

・市営住宅を退去するため、管理人と家族や知人で数ヶ月かけて片づける

・要支援申請・要介護申請

・脳梗塞再発、脳神経外科へ再入院

・区役所へ生活保護の打診などしてみる(小規模多機能型居宅介護が意外にお金かかり、年金で賄えなくなってきた)

・長期療養型医療施設か、特養か(病院のケースワーカーと相談)

・身体障害者申請(身体障害者1級になると、医療費がかからない)

・長期療養型医療施設へ転院(特養か長期療養型医療施設で悩む)

 

特に詳しく書いておきたいのは「市営住宅を退去するため、管理人と家族や知人で数ヶ月かけて片づける」のあたりや、「区役所へ生活保護の打診などしてみる」のあたり。

ちょっともう、記憶が風化しつつあるので、思い出すのが大変かもしれない。

 

そういえば民生委員にも相談してみたが、あんま役に立たなかったよ。そうだよね・・・。

 

Advertisement

軽くポイントだけ・・・

 

民間のアパートなら、残置物(ざんちぶつ:例えば、後付けした温水洗浄便座とか、照明器具など)があっても、そんなにうるさく言われないと思うけど、市営住宅の場合は「全て撤去が原則」なの

あれには参った

 

区役所の小規模多機能型居宅介護担当者には、割と色よい返事をもらえたが、いざ区役所の生活保護の窓口に行ってみると、例の「水際作戦か?」のような口ぶりだった(申請書だけは貰えたけどね)

引用:水際作戦 wikipedia

 

高齢者で、頑なに一人暮らしをしているひと、結構な数でいると思うんだけど。
急な病気で動けなくなったり、最悪、急死することもあるよね?

そうなったときに、誰に一番迷惑かかるか、一度よーく考えて見たほうが良いと思うよ。

いや、マジで。

 

部屋片づけるの、目茶苦茶大変だよ。
(必要充分なお金残して置いてくれるんなら良いんだけどね。業者に頼めるから)

体験談カテゴリの最新記事