【薄毛の聖地へ】増毛春の味まつり2018【旧・えびまつり】

【薄毛の聖地へ】増毛春の味まつり2018【旧・えびまつり】

2018年5月26日(土) 増毛春の味まつり2018~地酒に甘エビ、タコ、ホタテ!~(旧・えびまつり)

 

「しけ」が心配されましたが、穏やかな海でした!

 

robusta(@robustablack)です。

 

前回、ロゴスのハイパークーラーボックスのレポート記事でも書きましたが、

北海道増毛町 春の味まつり(旧・えびまつり)2018にやってきました

 

【Logos】ロゴスのクーラーボックス(Lサイズ)をレポート【本当にアイスを保存できるのか?】

増毛春の味まつり2018~地酒に甘エビ、タコ、ホタテ!~

出典:ぐうたび北海道

5月26~27日(土・日)増毛春の味まつり2018開催!

出典:留萌振興局

 

薄毛の聖地にやってきた!

 

全国100万人(robusta調べ)の薄毛に悩む皆さま

ここは、かつて「薄毛の聖地」と言われた、旧増毛駅の駅舎がその雄姿を残しております。

※「増毛(ぞうもう)」ではなく「増毛(ましけ)」と読みます、念のためw

 

増毛駅は2016年で廃駅となり、現在は駅舎が観光・交流施設として改修・利用されています。

【カミは死んだ】日本No.1薄毛パワースポット駅『増毛駅』が廃駅に!新たな “薄毛の聖地” はここだ!!

出典:RocketNews24

 

旧増毛駅駅舎(現在は観光施設)

旧増毛駅プラットホーム 一昨年までは電車が通っていたんです

撮り鉄おじさんと、使われなくなった哀愁漂うレール

 

今日の本命、エビとタコを購入

 

ここは凄い行列なんだけど、こっち(発泡スチロール詰め)では買わない

こっちの工場のほうで、パックのやつを買う

 

 

上から、シマエビ(モロトゲアカエビ)、ゴジラエビ(イバラモエビ)、甘エビ(ホッコクアカエビ)

 

 

最北端の酒蔵で甘酒をいただき、祭り限定酒を購入する

 

最北端の酒蔵、国稀酒造株式会社 ここで作っている「酒粕」で作った甘酒を無料で飲めます。ウマイ

樽がいっぱい

買ったのはこれ、花霧¥2,300-ナリ

これが、祭り限定酒一覧

そして、今年最後の酒粕

国稀酒造株式会社のホームページはこちら

 

小腹が空いたので、軽食を摂る

 

店はあちこちに出てるので、困ることはないです。

塩やきそばと、たこザンギ(”ザンギ”とは、北海道で唐揚げの意です(厳密にはちょっと違いますけど))

甘エビのにぎりで、済ませます。

 

食事中に戦隊を見つけたので、パシャリw

 

お祭り風景

 

無料の荷物預かり所があるので、ゆっくりお祭りを堪能できる

 

 

預かりは午後2時までという制限あるので、注意されたし

 

感想

 

野菜直売していたり、お巡りさんが巡回していましたけど、終始和やかな雰囲気でした。

町総出で盛り上がっている雰囲気がありました。

北海道全域からお客さんが来ているみたいで、駐車場の整理が大変そう。

 

10時過ぎに行くと、もうこんな感じ(バスツアーがあるんですよ・・・)

 

来年も行こうかな

 

戦利品の数々

 

 

<スポンサーリンク>

体験談カテゴリの最新記事