パチンコ裏ROM開発を持ちかけられた思い出

パチンコ裏ROM開発を持ちかけられた思い出

パチンコ裏ROM(ロム)とは

 

今回の記事のメイン

 

・パチンコの裏ROM開発を持ちかけられた

 →断ろうとは思っていたが、うやむやのうちにフェードアウトした

 

その前に

 

・裏ROMって何よ?

・そもそもROMって何よ?

 

から始まって、パチンコ業界にかかわる嫌らしい話もちょこまか書いてみましょう

 

 

そもそも「ROM」とは

 

「Read Only Memory」=読み出し専用メモリのこと

※いまの時代、厳密な意味でのROMってほとんどないけどね

 

その「ROM」に、パチンコやパチスロを動作させるためのプログラムが格納されてます

 

大当たりの確率だったり、あのパチンコ台の華麗なグラフィックだったり、音楽データなんか全て(とりあえずそう思ってて下さい)ROMに入っているわけですよ

 

 

日電協=日本電動式遊技機工業共同組合

 

パチンコ、パチスロを開発するメーカーは、新台を開発したら日電協(日本電動式遊技機工業共同組合)の検定を受けなければいけません

その検定を受けてパスすることで、開発した台をお店に設置することが可能となるのです

 

日本電動式遊技機工業共同組合

 

パチンコ、パチスロの制御基板は封印されている

 

検定後、パチンコ、パチスロの制御基板は封印された箱に閉じこめられて日電協の封印シールが貼られます

これは一度剥がすと剥がしたことが判るようになっているそうなので、封印後に制御プログラムの書き換えはできません

 

画像引用:座右の銘は『自己責任』

 

パチンコ、パチスロは専用のマイコンで制御

 

このマイコンを使わないパチンコ台、パチスロ台は日電協の検定にパスしないと言われれば、それはもう購入するしかないっすよねー(苦笑

 

画像引用:ニュー金剛球殿(みけのブログ別館) 秘密の基板弄り パチスロ基板 裏基板 かち割りロム 仕込み 等 写真で紹介

 

そのマイコンを販売しているのは「LE-Tech」

 

なんでも「裏ROM対策の為のセキュリティが施されているから」という理由らしいんですけど、ちょっとイミフですわw

(セキュリティ施しても結局、裏ROM出回ってるしね。ソフトウェアでどうにかなったんじゃないのか?)

 

なんせ、1社独占状態ですよwww

 

同スペック(当時割と使用されていたZ80)のモノと比較して、LE-TechのCPUはかなり高額らしいのでメーカーさんは大変ですねー

 

※なお、2013年時点でもまだ骨董品とも呼べるZ80コアが使用されていたことに驚きを禁じえない…

パチンコ/パチスロ台ではいまだZ80が主流、そのため技術者が高齢化?

出典:スラド

 

ちなみにこの会社、なんと警察の天下りというウワサ(笑

 

株式会社 エルイーテック(LETech Co.,Ltd.)

 

記憶では「レジャー・エレクトロニクス・テクノロジー」の略だったと思ったが?

 

 

で、裏ROMとは?

 

正規のROMであれば、日電協の封印シールが貼ってあり、正規の動作(大当たりの確率など)をするのですが、裏ROMでは不正にプログラムを書き換えて、例えばこんなことが出来ちゃいます

 

・特定の操作で大当たりの確率を100倍に上げる(お店に不正に侵入するなどして裏ROMを設置した人が得する)

・遠隔操作によって大当たりの確率を1/100にさげる(お店が得する)

 

これらは、実際にあった出来事です

 

 

「封印シールが貼ってあれば、書き換えは出来ないんじゃないの?」

 

という疑問もあるでしょうが、

 

特殊な溶剤や偽造封印シールもあるそうなんで、もはやイタチごっこw

 

ある日、裏ROM開発を持ちかけられた

 

僕はもともと「組み込みエンジニア」だ

パチンコ台開発の経験はないが、パチンコ台に使用されていた「Z80」CPUのアセンブラは大得意だった(←過去形。もはや記憶の彼方だw)

(もっとも、上位互換のHD64180で覚えたのだけど…)

 

画像引用:Wikipedia

 

「10万円までなら出しますよ」

 

男は電話でそう言ってきた(どこで知り合ったかはナイショだ)

 

当時、Macintoshのプログラム開発(副業)を100万円で受けていたので、正直

 

「安すぎだわ」(リスクに対して報酬が見合わない)

 

と思ったのだが、裏ROM として出回っているホンモノの二層ROMをサンプルとしてくれるというので、とりあえずそれをもらってみることにした

 

2層ROMが送付されてきたが

 

ややしばらくして例の二層ROM (27C64タイプ)が送付されてきた

 

ANDOのROMライタにセットして読み込ませてみるのものの、リードエラーになり読めない

いったいどうやったら読めるのだ…?

そのほか、パチンコ台の部品やらアセンブラリストも送られてきたが、どうしろと言うのだろう…

 

1円もお金もらってないしなぁ…

 

結局、裏ROM開発の話はうやむやのうちになくなってしまったのだが、「1円もお金貰ってなくて良かった」と、今でも思っている

 

危うく、犯罪の片棒を担ぐところだったかもしれない

 

ANDOのROMライタ

画像引用:aucfan

 

裏ROMは犯罪です

 

作成しただけなら別に罪にはならんでしょう

自宅にあるパチンコ台を、個人の趣味で改造する分には法的には問題ないはずです(おそらく)

 

裏ROMを、ホールにあるパチンコ台・パチスロ台の封印を剥がして設置してしまうと、それは犯罪になってしまいます

 

裏ROMが摘発されたときに、

 

警察のひと「誰がこのプログラムを作成したんだ!」

 

と、製作者に行き着くことは十分考えられますので、犯罪の片棒を担ぐような真似は慎みましょうね

 

 

ではでは、清く正しくHappy Lifeをっ♪

ダークサイドカテゴリの最新記事