【ソーダストリーム(Source Power)】購入1ヶ月後の使用レポート

【ソーダストリーム(Source Power)】購入1ヶ月後の使用レポート

ソーダストリームSource Powerを買って1ヶ月〜使ってみた

 

Sodastream(ソーダストリーム)をご存知でしょうか?自宅で炭酸水が作れちゃうスグレものマシーンです。

 

「最上位機種の”Source Power”って買う意味あるの?」「ガスシリンダー1本でどれくらい作れるの?」「おトクに買う方法は?」

 

いろいろ気になるところがあるかと察します。

 

実は、この記事では、そんな気になるところを全て解決しています。

 

なぜなら、僕はひと月ほど前に最上位機種の「Sodastream Source Power」をおトクな方法で購入し、ガスがなくなるまで使用してみたからです。

 

この記事では、「Sodastreamをおトクに買う方法」「ガスシリンダー1本でどれくらいの炭酸水が作れるのか」「市販の強炭酸水並の炭酸水を作るために」「最上位機種を買う意味」をご紹介します。

 

記事を読み終えると、Sodastreamの購入に迷っているアナタも、きっと迷いが吹っ切れていることと思います(笑

 

 

最上位機種【Sodastream Source Power】を買ってきた

 

前々から気になっていた「Sodastream」を買って来ました。

なんと、最上位機種の「Power Source」です。スイッチひとつで炭酸水ができちゃうスグレモノです。

ちなみに「Power Source」とは、直訳すると「電源」という意味です。

つまり「電源」が必要です(笑

 

購入場所

 

ヨドバシカメラ(店舗)

yodobashi.comでは値引き交渉ができませんので、店舗がオススメです(笑

 

購入したもの

 

本体

ボトル(500ml)

専用ガスシリンダー

専用洗浄ブラシ(在庫がなかったので、後から自宅へ送ってもらいました)

 

 

おトクに買うために実践したこと

 

このとき、ヨドバシカメラでは13%ポイント還元セール(yodobashi.comも同率)を実施していました。

いっぺんにレジに通してしまうと損するので、少々面倒ですが以下のような買い方で少しでもおトクに買うことにします。

 

まずはSodastream Power本体のみを購入し、ポイントをつけてもらう。

sodastream/ソーダストリーム SSM1060 ソーダストリーム ソースパワー スターターキット ブラック 黒 炭酸水メーカー 炭酸メーカー セット
created by Rinker

 

ちなみに、交渉で価格が31,320円→30,000円になったよ(Sodastreamは値引きがほぼ無理なんだそうで、ギリギリだそうw)

価格30,000円 → 3,900ポイント(13%)

既存のポイントが2,522ポイントあったので、これで2,522+3,900 = 残高6,772ポイント

 

公式には、ちょっとおトクなボトル付きのスターターキットもあるみたい

【送料無料】公式限定 ソーダストリーム Source Power(ソース パワー) スターターキット <炭酸水メーカー>
created by Rinker

 

次にボトル(黒の500ml×2、メタルの500ml×1)、専用ガスシリンダー(本体にガスシリンダーは1本付属しています。予備に1本購入しました)をポイントで購入

ソーダストリーム ヒューズボトル 500ml 2本セット ブラック SSB0024 [SSB0024]
created by Rinker
ソーダストリーム sodastram ヒューズボトル 500ml メタル SSB0025
created by Rinker
ソーダストリーム 専用ガスシリンダー(新規購入用) 炭酸水メーカー
created by Rinker

 

SSB0024 [Fuse ヒューズ ボトル 500mL 2本セット ブラック](価格2,160円)

SSB0025 [Fuse ヒューズ ボトル 500ml メタル](価格1,620円)

SSG0001 [ソーダストリーム 専用ガスシリンダー](価格3,703円)

合計:7,483円

 

これも若干値引き(消費税分?何が値引きされたか良くわからない…)があり、6,688円 これも

これもこれを全額ポイントで支払う。

 

これでポイント残高が84ポイント

次に、専用のボトル洗浄ブラシを購入です。

 

sodastream/ソーダストリーム SSB0020 ソーダストリーム専用 ボトルブラシ 【炭酸水製造機 専用洗浄ブラシ】
created by Rinker

SSB0020 [Soda Stream用 ボトルクリーニングブラシ](価格756円)

 

これは在庫がなかったので、取り寄せてもらい自宅へ送ってもらうことに(送料は無料)。
ポイントは全部(88ポイント)使用し、差額の668円は現金で支払いました。

 

本体31,320円 → 価格交渉で30,000円に(1,320円おトクに

オプション品7,483円 → 値引きで6,688円(795円おトクに

獲得ポイント → 3,900ポイント(3,900円相当おトクに

 

今回は、1,320円+795円+3,900円 = 合計5,995円おトクに買い物が出来ました。

Sodastreamは店舗で値引き交渉やポイントを使って、おトクに買うのが良いかと思います。

 

ガスシリンダー1本(60ℓ)で、実際にはどれくらいの炭酸水が作れるのか

 

我が家では、Sodastream購入前に「北海道の強炭酸水」を箱買いしていました。

(北海道内のツルハドラッグであれば、ほぼどの店舗でも売っています。1本56円と安いのも嬉しい)

 

 

画像引用:ツルハ酒類販売ネットショップ

 

では、なぜこんなに「北海道の強炭酸水」が安いのに、Sodastreamを購入しようと思ったのでしょう?

 

それはただひとつ

 

持ち運びが重くてしょうがない!

 

それだけの理由です(冬場は特に大変、台車も使えないし)

 

コスパは実際につかってみるまでわかりませんでしたので、本体価格はともかく、ガスシリンダーの価格と実際に炭酸水を作ってみた回数で計ってみることにしました。

 

1ℓのボトルは使用せず500mℓのボトルを使用し、約1ヶ月半使用したところ、約88回炭酸水を作ったところでガスがなくなりました。

(原則、炭酸水は一番少ないガスのボタン「微炭酸」で作っています)

 

容量に換算すると88÷2 = 約44ℓの炭酸水を作ったところでガスがなくなった計算になります。

 

60ℓも持たなかったですね…

 

なお、ガスシリンダーは新規購入用と交換用があり、交換用は「空になったシリンダーと交換を条件に」のみ購入することが出来ます。

交換用ガスシリンダー 60L ソーダストリーム sodastream 炭酸 水 炭酸水 メーカー 交換用 ガスシリンダー 【宅配時、使用済みガスシリンダーを同時回収あり※送料には、回収ガスシリンダー分の配送料も含まれています。】
created by Rinker

 

今回計ってみたコスパについて、

 

新規ガスシリンダーですと、3,700円 / 88 = 約42円(500mℓあたり)

交換用ガスシリンダーですと、2,160円 / 88 = 約25円(500mℓあたり)

 

という計算になります。

今回は、一番弱いボタンの微炭酸で計測していますので「北海道の強炭酸水」並みの強い炭酸水を作った場合、もっとコスパは悪くなると思われます。

 

市販の強炭酸水並の炭酸水を作るために

 

Sodastream Source Powerには、3つのボタン(「💧」「💧💧」「💧💧💧」)がついていて、それぞれが炭酸の強さを示しています(500mℓボトルの場合「💧💧💧」ボタンは使用禁止です

 

通常、ボトルをセットして「💧」ボタンを1回押せば、微炭酸の炭酸水が自動で作れちゃいます。

しかし、「北海道の強炭酸水」や「ウィルキンソンタンサン」並みの強い炭酸水を飲んでいた人には、この微炭酸ではもの足りないと思います。

Sodastream Source Powerには簡単に強炭酸を作る方法があります。

「💧」「💧💧」「💧💧💧」ボタンの組合わせ(炭酸水の強さはお好みで。500mℓボトルの場合「💧💧💧」ボタンは使用禁止)で、2回押して炭酸を注入します。

 

すると、市販の炭酸水もビックリの強炭酸水が出来上がります。

お試しあれ。

 

最上位機種を買う意味

 

正直「Sodastream Source Power」はラクチンですが、高いです。

他のモデルは手動ではありますが、それなりにリーズナブルな価格ではないでしょうか。

ソーダストリーム Genesis v2(ジェネシス v2) スターターキット<炭酸水メーカー><炭酸メーカー>
created by Rinker
【在庫あり】 ソーダストリーム ソースV3 SSM1062 ホワイト Soda Stream Source V3 / 炭酸水メーカー ソーダメーカー スターターキット / 水から炭酸水を作る 【無糖 ノンカロリー 強炭酸水 熱中症対策】【ホワイトデー 新生活】
created by Rinker
【公式限定】ソーダストリーム Spirit (スピリット) スターターキット
created by Rinker

 

500mℓボトルしか使わないんだったら、Sodastream miniとかでも十分じゃないかとも思いました。

【公式限定】ソーダストリーム Mini Deluxe(ミニ デラックス) スターターキット
created by Rinker

 

ではなぜ僕が最上位機種のSouce Powerを購入したのか、それは、

 

・とにかくたくさん炭酸水を飲むので「わずらわしさ」「手間」は極力避けたい

・時間と手間がお金で買えるなら、それを選択する

・最上位機種は、なんか惚れる(笑

 

これですねw

 

まとめ

 

Sodastream Source Powerの購入に迷っていてこのページに辿り着いた方、Sodastream自体の購入に迷って入る方、Sodastream購入の一助になると幸いです。

 

僕も相変わらず愛用しています。

ツルハで箱買いする必要がなくなり、重たい思いをして炭酸水を運ぶ仕事から解放されて、本当に助かりました。

炭酸水を作るのもラクチンで、多いときで1日4回は炭酸水を作っています。

 

この前、交換用のガスシリンダーをイオンで購入してきました(なお、シリンダー購入には個人情報の記入が必要です

 

なお、ガスシリンダーは、イオンのサンキューパスポートを使ってイオンカードで購入すると、大変おトクに購入することができます(購入時、10%OFF + 会員割引10%OFFで、20%OFF 2,160円→ 1,728円になっていた!!!

 

炭酸水を作る前に、水を良く冷やしておいて下さいね(炭酸が良く水に溶けるようになります)

なお、我が家はこれで炭酸水用の水を確保してます。

ブリタ リクエリ マクストラプラスカートリッジ1個付き 日本正規品(1セット)【ブリタ(BRITA)】
created by Rinker

 

最後、ちょこっと強め(「💧」+「💧💧」)の炭酸水を作ってみた動画で終わりにします。

ガジェットカテゴリの最新記事